SSブログ

月刊 Intel 脆弱性 2020年4月号、他 [セキュリティ]


すでに2週間ほど前のニュースだが、今月もIntel製品に複数の脆弱性があると発表されている。


Intel 製品に複数の脆弱性
http://jvn.jp/vu/JVNVU97303667/index.html


リンク先の記事にはCPUに関する物が見当たらないが、一般の消費者が使うパソコンに関係がありそうな物が二点ある。

一つはIntel製の無線LAN端末に関するもので、デバイスドライバなどの更新が必要。

対象となる製品は「AX200, AX201」「9260, 9461, 9462, 9560」「3168, 8260, 8265」「7265」「3165」の各型番の製品で、主にノートパソコンに搭載されているものだ。

ちなみに「3165」はDeskmini A300の純正オプションとしても売られているアレである。


二つ目は「インテル ドライバー & サポート・アシスタント」に関するもので、これはIntel製のデバイスに関する各種プログラムをアップデートするためのソフトウェアであり、既製品のパソコンは製品によってプリインストールされていたり、自作の場合はデバイスドライバや各種ユーティリティを半自動で入れた場合に一緒にインストールされる可能性がある。

当然、これも更新が必要である。


ところでIntel製品の脆弱性と来ればAMDはどうなんだ、という話が出て当然であるが。

モノが良いのか悪いのか、AMDに関してはあまりにもこの手の情報が少ない。

Intelは多すぎだと思うが、これほどではないにしろAMDにもあって然るべきなのだが。

あまりにも無いとかえって心配になってしまう。



次。

脆弱性つながりで、同サイトからトヨタの車載コンピュータの脆弱性に関して。

トヨタ自動車製 DCU (ディスプレイコントロールユニット) に脆弱性
http://jvn.jp/vu/JVNVU99396686/index.html

今時のクルマは車載コンピュータも非常に高度なモノになっており、中にはAndroidが動いているモノも出る始末。

インターネットに繋がる機能まで持つようになれば、当然に脆弱性問題も大惨事を招く原因になるため放置は出来ない。

標的となるクルマに物理的な接触が必要だった過去と違い、無線で自由にアクセス出来るとなれば、走行中のクルマがいきなり運転手の操作を受け付けなくなって暴走を始める事もあり得る。(これはすでに現物を使って実行可能な事が証明されている)


が、クルマの場合もパソコと同様、普通は自分から進んで更新をしなければならない。

具体的には買った店へ持ち込んで対応してもらう事になると思うが、実際にやる人は恐らく一部だけだ。

ダイレクトメールなどで更新を促されても放置なんて事は珍しい事ではない。

一部の車種は自動更新する機能を持つが、当然に自動更新は大きなリスクを伴う。更新したらその時点で発覚していなかった問題が出て事故が起きた、なんて事が絶対に無いとは言い切れない。(手動更新であれば更新しないという選択肢を選ぶ事で回避出来る)


クルマはこれからどうなっていくのか。

このままではパソコン同様に年中この問題に神経をすり減らす事になりそうで、とても嫌な気持になる。


nice!(0)  コメント(0) 

Ryzen 3 3100・3300Xがもうすぐ出るらしい [CPU]

GIGAZINEの記事によると、AMDが4コア/8スレッドの新しいZen2コアCPUを発表したという。

AMDが(中略)「Ryzen 3 3100」「Ryzen 3 3300X」を発表
https://gigazine.net/news/20200423-amd-ryzen-3-3100-3300x/


実際のところ現在販売されているZen2のデスクトップCPUは6コア以上であり、これは一般的なデスクトップ用CPUとしてはハイエンドに位置する性能である。

そのハイエンドCPUを必要とする消費者は、多くてもパソコン需要の2~3割が精々。

残りはミドル以下のもっと低い性能で十分だ。

なので、今回発表された4コア・8スレッドのZen2コアCPUを待っていた人は非常に多いと思う。

ただ、こうしたミドル以下のCPUを必要とする消費者は出来るだけ安くパソコンを手に入れたいので、普通はGPU内蔵のCPUを欲しがる。

だから本来ならAPUが適当なのだが、昨今のeスポーツ興隆という背景もあり、あえて別途GPUが必要な入門者向け製品としてこのようなCPUを出して来たのだと私は推測する。

販売開始は2020年5月との事なので、今から楽しみだ。


また、当初2019年末発売かと噂されていたB550チップセットもようやく発売されるようである。

もはや今更感が強いのだが、今でもB550を待っている人は多いだろう。

恐らくパソコンメーカーこそB550を必要としていると私は考えていて、B550の販売開始と共にAMD製システムのパソコンが今まで以上に普及する一助になるのではないかと思っている。

B550搭載マザーボードは2020年6月から出回るとの事で、こちらも注目である。


nice!(0)  コメント(0) 

WHOが言うから信じられない [雑談]

とうとう日本全国が緊急事態宣言の対象になった。

私個人の私生活にはほぼ影響が無いとはいえ、それ以外の人と関わるあらゆる事に大きな影響が出ている今回の騒動、ウイルスをバラまいている連中をどうにうかしてクレと思う毎日。

そんな中、事の発端となった中国はこの事態を中国の利益に結び付ける活動に余念がない。

それも一部であまり成功しているとは言えないが、視点を変えれば大部分で成功しているとしか思えない事に危機感を抱かざるを得ない。


新型コロナウイルス、研究所で作られた証拠ないとWHO=中国
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-china-mofa-idJPKCN21Y1CP


WHOが「証拠が無い」と言うのなら、実際は逆の意味だ。

この手の話はむしろデマの方が大多数だが、一部には信ぴょう性のありそうな情報も含まれる。

まァ、中国がウイルスを兵器として使う研究をしている事は間違いない。なにせ他の国々もやっているはずだから、むしろやっていない方が不自然だ。

なので仮説にとどまるが、中国がウイルス兵器の実験に使った動物が市場で売られたのが原因、という話はありそうな事で、実際はどうか知らないがなんらかの形で中国が関与している事は間違いないと思う。

そして仮に事故が発端だったとしても、中国は(もちろんアメリカなども間接的に)この件をウイルス兵器のテストケースとして情報収集し、各種データを取って様々な角度から有効性や対策などを研究しているに違いない。

・・・今のところは制御が効かないから、危なくて使えないと判断しているだろうが。


nice!(0)  コメント(0) 

ハリネズミとキツネ [雑談]


こんな記事がある。

専門家による未来予測が散々な結果になる理由
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59969


なかなかに興味深い内容で、私が所謂“識者”や“専門家”と言われている人達を、時として“害悪”とすら思う事がある理由を説明してくれている。

もちろん中には例外的な人も居るはずだが、そういった人は基本的にマスコミなどで露出する事が少ないし、政治家などに重用される事もあまりない。

何故なら、マトモな事を言う人はマスコミや政治家などにとっては都合が悪い存在だからだ。


こんな連中が世の中に少なくない影響力を及ぼすのだから、政治も経済もロクな事にならないワケである。


nice!(0)  コメント(0)