SSブログ

それでもIntelは2%しか減っていない [CPU]


Zen2コアの第三世代Ryzen発売以降、業界の一部ではRyzenの躍進がとても大きく取り上げられている。

消費者の一部では「Intel終わった」等という言葉まで出回る始末。

だが現実はまったく違う。

確かにAMDはIntelからシェアの一部を奪ったが、2019年上半期の半導体ベンダー売上高ランキングにはその現実がはっきりと表れている。


Intelとソニーは躍進、NVIDIAは激減した半導体企業の明暗。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1209420.html


ランキングに載っているのは15位以上(別の集計では10位以上)までだが、AMDなどその中にも入っていない。

トップは当然にIntelであり、多くのベンダーが二桁下落、一桁でも5%以上下落がほとんどの中、たったの2%(別集計では1.7%)しか減っていないのだ。


Intelの事業はCPUの販売以外からの収益もあるとはいえ、昨今のIT需要急減、Intelの製造プロセスにまつわるCPUの出荷減少、さらにAMDの躍進によるシェア減少。

これら全てのマイナス要因があってさえ、たったの2%減なのだ。

ただ売上金額が非常に大きいから、2%とはいえ減った金額はケタが違うのだが。


もしAMDによるシェア奪還がよく言われている10~15%程度であれば、単純にIntelの売上も10~15%減っていたとしてもおかしくはない。

が、実際にはAMDとは関係無いマイナス要因を含めて2%の減少だ。

AMDの躍進している市場が、如何に狭い範囲であるかが理解出来るだろう。

そしてその狭い市場に対するCPUの供給がまったく追い付いていないわけだ。


AMDの躍進は、Intelにとっては蚊が刺した程度の事でしかないのかもしれない。
(Zen2発売以降の集計はまだこれからだが)

AMDもっとガンバレ!!!


Ryzen 9 3950Xの発売は11月に延期か
https://17inch.blog.so-net.ne.jp/2019-09-23

後ろに記号を付けすぎ
https://17inch.blog.so-net.ne.jp/2019-09-11

AMDのシェアはまだとても小さい
https://17inch.blog.so-net.ne.jp/2019-08-22-1

Zen2に関する不具合修正されるも改善なお必要な状況
https://17inch.blog.so-net.ne.jp/2019-08-04


nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

お名前(必須)

上半期って意味わかってる?
by お名前(必須) (2019-09-28 21:51) 

98式軍刀

お名前(必須)様、コメントありがとうございます。

ご指摘についてですが、私から言う事はありません。

よろしくお願いいたします。
by 98式軍刀 (2019-09-28 21:56) 

お名前(必須)

某掲示板を中心にネットでは完全にIntel終わってるの流れですが、やはり現実はこんなものなのですね
より良い物をより安く買いたいという一消費者からすると少々残念としか言いようがありません
GPUに関してはAMDの方針転換によりようやくNVの競合たる相手に返り咲きましたが
個人的にもCPUは今のRyzenではまだ役不足だと思っています
by お名前(必須) (2020-02-29 01:58) 

98式軍刀

お名前(必須)様、コメントありがとうございます。

一般の消費者向け(俗に言うコンシューマー)市場では、Ryzenの絶対性能がいくら優れていても他の面でIntelにはまだまだ及ばないですね。

この事はなによりもAMD自身が一番理解していて、そのうえで消費者の感情を利用した戦略で、いつ切れてもおかしくはないシェア争いの糸を必死に手繰り寄せているのが現状だと思います。

AMDの今後に期待したいところです。

by 98式軍刀 (2020-03-01 09:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。